スペースギア メンテナンス&DIY<オイル交換>

 

サービスデータ(後期型SG 平成13年 油脂関係) 01型

 
→ デリカ
→ SW
→ SG
 →メンテナンス

   &DIY

 

オイル交換

→ エンジンオイルの種類

→ エンジンオイル交換

→ マイクロセラ&マイクロフロン

→ オイルエレメントを解体する

→ ATフルード交換

→ ギアオイルの種類
→ Fデフオイル交換
→ トランスファーオイル交換
→ Rデフオイル交換
→ リアLSDオイルの交換
→ オイル圧送容器の自作
→ パワステフルード交換(部分交換)
→ パワステフルード交換(全量交換)
→ サービスデータ95型

→ サービスデータ96型

→ サービスデータ01型

→ サービスデータ05型

 


→DELICA history

→年表

→初代デリカ

→2代目(L系)

→3代目(P系)

→4代目(P#系)

→4.5代目(SK系)

→5代目(D:5)

 

平成13年式SG(01型) ボンネット裏に記載のメンテナンスデータ

同じスペースギア(SG)でも、製造された年式により、幾度かマイナーチェンジを受けて、仕様変更されている箇所があります。

 

ここで紹介するのは、お友達のrpt@名古屋さんの、平成13年式シャモニー(PE−8W)のボンネット裏に貼ってあった、サービスデータ。

ほぼ毎年のようにマイナーチェンジがあるのが、三菱車の特徴ですが、平成13年(2001年)には、SGのマイナーチェンジがありませんでしたので、前年のマイナーチェンジを受けた、01型と思われます。

 

平成9年(1997年)のビックマイナーチェンジで、2800DTエンジンは、電子制御化されて出力アップしましたし、同じ時期に、AT車のミッションも、INVEX対応のミッションに変更されていますので、前期型(発売初期〜1997年春まで)とは違う部分が多くあるかと。

rpt@名古屋さんのSG

平成13年式シャモニー(01型)

01型のボンネット裏に貼ってあった

サービスデータ

  

 

(1)交換サイクル ボンネット内側に貼付されているデータ

 

エンジンオイル交換 ガソリン及び

LPG車

除くターボ車 15000kmまたは12ヶ月毎

(SE級以上)

ターボ車 5000kmまたは6ヶ月毎

(SE級以上)

ディーゼル車 5000kmまたは6ヶ月毎

(CD級以上)

エンジンオイル

フィルタ交換

ガソリン車(除くターボ車)・LPG車 15000kmまたは12ヵ月毎
ガソリン車(ターボ車)・ディーゼル車 10000kmまたは12ヶ月毎
タイミングベルト交換(除く4M40車) 10万km毎
ヒューエル

フィルタ交換

ガソリン車・LPG車 無交換
ディーゼル車 6万km毎
トランスミッションオイル交換 M/T車 FF 無交換 ダイヤクイーン

マルチギアオイル

 #75W/85W

FR 8万km毎
A/T車 FF 無交換 ダイヤクイーン

ATF−SP

FR系

V4A5,V5A5系

R4AW,V4AW系

8万km毎

三菱ATF

トランスファ

オイル交換

(4WD車のみ)

FF-4WD車 8万km毎 ダイヤクイーン

スーパーハイポイド

ギアオイル#90

ダイヤクイーン

マルチギアオイル

 #75W/85W

FR-4WD車
ディファレンシャルオイル交換 ノーマルディファレンシャル 8万km毎 ダイヤクイーン

スーパーハイポイド

ギアオイル#80,#90

LSD VCU式
ハイブリット式 4万km毎

ヘリカル式

4万km毎
機械式 4万km毎 ダイヤクイーン

LSDギアオイル

 

※96型と01型で変更になっている項目は、「濃いブルーの文字」で記載しています

 

96型との主な変更点は、トランスミッションオイル(MT)・トランスファーオイルの銘柄に一部変更。「#85W」というように、#が追加されているが、実質的には96型と同様の意味。

 

ATFの項目では、ミッション形式のより区分するようになっているが、前期型4WD車に採用されているアイシン製のATは、V4AW3という型式なので、ATF兇箸いΔ海箸砲覆襦(95型ではATF-SPだったが、96型では、ATFデキシロン兇箸覆辰討い襦

同じ型式のミッションなのに、指定の銘柄がコロコロ変わるのが、興味深いところだ。

ATFデキシロン兇函■腺圍騰兇蓮▲諭璽潺鵐阿らすると、実質的に同等品と考えられる。

 

後期型4WD車に採用された、三菱製のINVEX(学習機構付)対応のATは、型式がV4A51で、こちらはATF-SPで、当時の最高グレードの純正ATFだ。

こちらは、なんと無交換の指定になっている。

 

LSDでは、ヘリカル式の追加が認められる。SGでは、96年6月以降に生産された車両の一部で採用されている。基本的には、ノーマルデフと同じ銘柄の油脂でよいが、交換サイクルを半分の走行距離で指定しているのが特徴。ノーマルのオープンデフに比べると負荷が大きいため、早めの油脂交換を推奨しているためと思われる。

 

 

平成7年前期SG(95型)のメンテナンスデータ

 

平成7年後期SG(96型)のメンテナンスデータ

 

平成17年式SG(05型)のメンテナンスデータ

 

 

スペースギア メンテナンス&DIYのページ

 

デリカのページ

 




 





ご覧のデリカのページは、kazuhikoさんによって作成、長年ネット公開されていたものです。
2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、閉鎖することになりましたが、大変貴重な資料ですのでインターネット上に残したく、kazuhikoさん承諾のもと、当サイト内に掲載することになったものです。
ページ内には、DIYの作業が多く含まれております。
ご自身で判断のもと、自己責任で作業をお願いします。
/ MORIMORI

遥かなる富士(デリカページ)へ戻る。MORIMORI スペースギアのページへ戻る。