スペースギア メンテナンス&DIY<オイル交換>

 

オイル圧送容器の自作
 
→ デリカ
→ SW
→ SG
 →メンテナンス

   &DIY

 

オイル交換

→ エンジンオイルの種類

→ エンジンオイル交換

→ マイクロセラ&マイクロフロン

→ オイルエレメントを解体する

→ ATフルード交換

→ ギアオイルの種類
→ Fデフオイル交換
→ トランスファーオイル交換
→ Rデフオイル交換
→ リアLSDオイルの交換
→ オイル圧送容器の自作
→ パワステフルード交換(部分交換)
→ パワステフルード交換(全量交換)
→ サービスデータ95型

→ サービスデータ96型

→ サービスデータ01型

→ サービスデータ05型

 


→DELICA history

→年表
→初代デリカ
→2代目(L系)
→3代目(P系)
→4代目(P#系)

→D:5

 
 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

エアーを使って密閉容器からオイルを圧送する

 

デフオイルやトランスファーなどの、所謂「ギアオイル」の類を、DIYで交換しようとしたときに、まず問題として浮上するのが、「どうやってオイルを入れるか?」との問題。

 

デフなどのギアオイル注入口(フィラー)は、デフケースなどの真横にあることが多いので、上から、ホースで、自然落下で入れるというのは、ちょっと困難です。

メーカーや車種によっては、ボンネット内のエンジン周辺の隙間が広いので、上からホースで引っ張ってくることができる場合もありますし、某メーカーでは、MTでも、ATのようにレベルゲージを備えているので、レベルゲージ側からホースとロート(じょうご)を使ってギアオイルを入れることが可能だったりします。

デリカの場合は、残念ながら、上からオイルを入れるという方法は、ほぼ絶望的で、何らかの方法で、ギアオイルを、低いところから高いところへ押し上げなくてはなりません。


私の場合は、下の図のような圧送容器を自作して、空気入れ(小型のエアーコンプレッサー)を使い、エアーでオイルを圧送しています。

 

 

私が自作に使った材料の殆どは、職業柄手に入る廃物利用が多いのですが、殆どの材料は、普通にホームセンターなどで入手することができます。

 

広口の、密閉できるポリ容器。(ふたが二重になっているものがいい)

●エアーツール、若しくは水道周りの配管用のパーツ数点。(バルブや、ホースニップル、エルボなど) 

私の場合、3/8インチ(3分)から細く絞っていますが、最初から1/4インチ(2分)でも構いません。

●送油用ホース(デフのフィラーから注油する都合上、内径8ミリ〜10ミリ程度の耐油性のものが好ましい。

 

ホームセンターで入手できないものとしては、エアーを押し込むためのエアーバルブ

私は、日頃出入りしているタイヤショップで、自動車のホイール用のエアーバルブを分けてもらいました。

 

配管や、エアーバルブを、密閉容器に穴をあけて取り付ける作業ですが、密閉性を高めるために、銅ワッシャーや、ゴムパッキンなどを間に挟んで、ナットを締めこんでいく感じで、固定します。排出側の配管を固定するには、異なる大小の配管をつなぐための、異径ニップルとパッキンなどをうまく利用します。

 

作業するために、手や道具が入らないと、非常に辛いので、できるだけ、広口のポリ瓶を使うと楽です。(オイルを補給するのも楽なので実用性が高くなります)

※エアーで加圧しますので、ある程度強度のある容器が必要です。

 

 

■自作して使用している圧送容器。

 

広口のポリビンで、ふたは二重になっているので、密閉性は高く、中のオイル量が透けて見えるので、給油量の目安になる。

 

この容器に入るオイルの量は、約2リットル

 

 

<作業風景>

■フロントデフの交換作業。

 

車の12V電源で動くベビーコンプレッサー(通称:ベビコン)を使って、圧送するので、スイッチひとつでオイルを送ることができ、とても作業性がいい。

 

 

 

※この圧送容器を自作する前は、シャンプーボトル(手動ポンプつき)のから容器を代用していました。容器の容積が小さいため、数回に分けて給油する必要があり、車体の下にもぐったり出たりを繰り返したものです。

 

 

 

この圧送容器を使用した作業を紹介した、リンク先

Fデフオイル交換

トランスファーオイル交換

Rデフオイル交換 

リアLSDオイルの交換

 

 

 


スペースギア メンテナンス&DIYのページ

 

デリカのページ

 

 

 

 





ご覧のデリカのページは、kazuhikoさんによって作成、長年ネット公開されていたものです。
2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、閉鎖することになりましたが、大変貴重な資料ですのでインターネット上に残したく、kazuhikoさん承諾のもと、当サイト内に掲載することになったものです。
ページ内には、DIYの作業が多く含まれております。
ご自身で判断のもと、自己責任で作業をお願いします。
/ MORIMORI

遥かなる富士(デリカページ)へ戻る。MORIMORI スペースギアのページへ戻る。