スペースギア メンテナンス&DIY<オイル交換>

 

フロント デフ オイルの交換

 
→ デリカ
→ SW
→ SG
 →メンテナンス

   &DIY

オイル交換

→ エンジンオイルの種類

→ エンジンオイル交換

→ マイクロセラ&マイクロフロン

→ オイルエレメントを解体する

→ ATフルード交換

→ ギアオイルの種類
→ Fデフオイル交換
→ トランスファーオイル交換
→ Rデフオイル交換
→ リアLSDオイルの交換
→ オイル圧送容器の自作
→ パワステフルード交換(部分交換)
→ パワステフルード交換(全量交換)
→ サービスデータ95型

→ サービスデータ96型

→ サービスデータ01型

→ サービスデータ05型

 


→DELICA history

→年表
→初代デリカ
→2代目(L系)
→3代目(P系)
→4代目(P#系)
→D:5

 

 

SGの基本レイアウトは「フルタイム4WD」

 

スペースギア(SG)に搭載されているスーパーセレクト4WD(SS4)は、2WD走行時でも、フリーホイール機構はFデフにあるため、フロントのプロペラシャフトは駆動しています。

また、フロントのドライブシャフトからの回転も、ホイールでハブを切り離していないために、常時回転しています。

 

自分は、4WD走行はしないから、フロントデフには負荷を掛けていないと思う方も多いかもしれませんが、実際には、フロントデフは、常時回転しているので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

 

<用意したもの>

 

■メーカーが指定しているギアオイルは、♯80/♯90となっています。

私は、トランスファーオイル(♯75W/♯85W)と兼用するために、75W−90という、マルチグレードのギアオイルを使用しています。

 

■工具等は、24ミリのめがねレンチ、ドレンパッキン(2枚)、廃油受け、ウエスと、オイル注入容器

 

注入容器

デフオイルの注入には、何らかの方法で、圧送する必要があります。専用の器具がない場合には、空のシャンプーボトル(ポンプ付)でも代用可能です。

オイル圧送容器の自作

(クリックするとページが開きます)

 

<作業手順>

 

■SGの場合、車高が高いので、ちょっと狭いですが、ジャッキアップしなくても、作業は可能です。

 

■最初に、エンジンオイルの交換と同様に、フロントのアンダーガードを外します。

 

■次に、Fデフのフィラープラグ(注入口)を緩めます。使用工具は、24ミリ。硬く閉まっていて、固着している場合もあります。硬くて緩まない場合は、ガストーチなどで、プラグ付近を軽くあぶってやるとか、めがねレンチをゴムハンマーで叩きながら力を加えるという方法が有効です。

万が一、ドレンから排出してしまった後に、フィラーが開かないというアクシデントがあった場合には、その時点で走行不能になりますから、最初に、フィラーがあくことを確認しておくわけです。

 

■フィラーが緩んだことを確認した時点で、完全に開けてしまわず、手で緩めることができる程度の状態にしておきます。(上から空気が入ると、ドレンを外した時点でオイルが勢いよく飛散するので、その予防策)

 

■次に、ドレンプラグを緩めて、古いオイルを排出します。ドレンプラグには、先端に磁石が付いていますから、デフオイル中に浮遊している鉄粉がびっしりと付いているかもしれません。ウエスで拭き取ります。

排出されるオイルの勢いが弱くなったら、フィラーを外して、最後までオイルを排出させます。

■ドレン、フィラープラグともに、パッキンを交換します。どちらも同じサイズです。

 

■ドレンプラグを締めます。

 

 

オイルの注入方法ですが、上からの自然落下方式では入れることが出来ないので、何らかの方法で、下から上に圧送する必要があります。機械式のポンプでも、手動ポンプでも構いませんが、私は、自作の圧送器を使用しています。

密閉容器の上から、空気入れ(12V用のベビーコンプレッサー)で空気を送り、下から容器の中のオイルを追い出していくという単純な構造ですが、なかなか便利です。

 

以前は、風呂場のシャンプーボトルの空容器を使用していました。手動ポンプで、繰り返し注入しますが、根気の必要な作業でした。

 

■Fデフオイルの規定量は、約0.9リットルですが、正確に測る必要はありません。

車体が平らな状態にあることが条件ですが、適量は、フィラーから指を入れて、指先にオイルが付着する程度。つまり、入口からこぼれるすれすれまで入れればいいのです。

下に廃油受けを用意しておいて、こぼれるまで入れます。入れすぎたオイルは、こぼれて出てきますから、問題ありません。

 

※フロントだけジャッキアップして作業する場合は、入れすぎないように、規定量(0.9L)を測って入れてください。

 

■最後に、フィラープラグを締めて、アンダーガードを元通りにして、作業終了です。

 

 

◎私は、1年に一度くらい(約2万キロ)で交換していますが、メーカー指定は、4万キロ程度に一度。SGは、他のクロカン系4WDに比べると、Fデフが弱いので、忘れずに交換しておいたほうがいいと思います。

 

 

 

スペースギア メンテナンス&DIYのページ

 

デリカのページ

 



 





ご覧のデリカのページは、kazuhikoさんによって作成、長年ネット公開されていたものです。
2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、閉鎖することになりましたが、大変貴重な資料ですのでインターネット上に残したく、kazuhikoさん承諾のもと、当サイト内に掲載することになったものです。
ページ内には、DIYの作業が多く含まれております。
ご自身で判断のもと、自己責任で作業をお願いします。
/ MORIMORI

遥かなる富士(デリカページ)へ戻る。MORIMORI スペースギアのページへ戻る。