スペースギア メンテナンス&DIY<黒煙・始動不良対策

 

アンチスモークを使う

 

 

 

→ デリカ
→ SW
→ SG
 →メンテナンス

   &DIY

 

黒煙・始動不良対策

 

→  グロープラグの点検
→  燃料ラインのエアー抜き(始動不良の対策)
→  EGRバルブ不良時の応急処置
→  EGRバルブ点検
→ オリフィスの流用
→ エミッションバルブの取り付け
→ 燃料噴射ポンプの基本噴射量を絞る
→ ディーゼルコンディショナーを使う
→ アンチスモークを使う
 

 

 →DELICA history

→年表

→初代デリカ

→2代目(L系)

→3代目(P系)

→4代目(P#系)

→4.5代目(SK系)

→5代目(D:5)

 

燃料タンクに入れるだけで黒煙が嘘のように減る

 

<ケミカル剤の紹介>


メーカー:ピットワーク (日産)
商品名:ズームパワー アンチスモーク ディーゼル
容量:450ml
特徴:ディーゼル車特有の排気黒煙の発生を抑制します。
   黒煙発生の原因である燃焼室や燃料噴射ノズルのデポジットを洗浄除去し、

   付着を防ぎます。

※非常に即効性があり、車検前の投入で、検査場では余裕で一発合格できるようですが、疑問なのは、その後の持続性。給油によって添加剤は薄められていくので、どの程度効果が持続するのかは、入れてみてからのお楽しみということで。

 


アンチスモークは、私も試して見ましたが、入れてビックリ。

燃調をいじって以来、黒煙が気になっていた私のエクシード気蓮▲▲セル全開でも黒煙をはかなくなり、交差点からの加速は、ミニバンでは敵なしという異常な速さです。
黒煙をはかなくなってしまうと、あと2ヶ月で廃車にするのは、勿体無くなりましたが、これも運命です。

この手の添加剤は、即効性や、持続性に、個体差があるので、何ともいえませんが、私の提供した方では、1ヶ月で持続性がなくなってきた方もいますし、入れたけれど、まだ黒煙を吐くという方もいます。(そういう場合は、恐らく、他の部分に黒煙の原因があるのでしょう)

 

(作業実施時期:2007年12月)

 

施工風景

■燃料タンク(60〜80L)満タンに対して、1本の割合で入れる。

■アンチスモークを入れたら、給油をして満タンにするだけ。

 

 

<tomiさんから頂いた情報です>
画像にあるのは、ユーザー車検に持ち込んだ際に、使ったという、黒煙防止剤。
ピットワークのアンチスモークと、ほぼ同等の製品と思われますが、マツダから出ている、モータークラフトというブランドの製品で、黒煙防止剤があるそうです。
車検場近くの業者さんで入手したそうで、入れた当初は、かなり効きますとのこと。

施工は、燃料タンクに入れるだけです。

 

 

アンチスモークの成分については、公表されていないのでわからないのですが、所謂、セタンブースターの類ではなさそうです。

 

以下は、個人的な、まったくの仮説ですが、セリウム(Ce)ではないかな? と思ったりして。

金属なのに可溶性であり、比較的低温で発火するようですが、直接燃焼するのではなく、触媒として作用するみたいです。

排ガス浄化、NOx「低減には効果があるようですが、CO2排出量に変化はなく、若干ですが、着火遅れが発生するようです。

 

アンチスモーク添加後、すぐに排ガスがきれいになったり、アイドリングがやや下がる、アクセル踏み込んだ感触がやや変化して、ほんの少し加速が鈍る、燃料が入れ替わっても、すぐに元には戻らないけれど、次第に効果がなくなっていく、これらの傾向が現れても、不思議ではない物質です。

 

 


スペースギア メンテナンス&DIYのページ


デリカのページ

 

 

 

 

 





ご覧のデリカのページは、kazuhikoさんによって作成、長年ネット公開されていたものです。
2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、閉鎖することになりましたが、大変貴重な資料ですのでインターネット上に残したく、kazuhikoさん承諾のもと、当サイト内に掲載することになったものです。
ページ内には、DIYの作業が多く含まれております。
ご自身で判断のもと、自己責任で作業をお願いします。
/ MORIMORI

遥かなる富士(デリカページ)へ戻る。MORIMORI スペースギアのページへ戻る。