DELICA history(デリカ ヒストリー)  5代目デリカ(CV系)

 

 

→ デリカ
→ SW
→ SG
 → メンテナンス

  &DIY

 

→DELICA history
→年表
→初代デリカ
→2代目(L系)
→3代目(P系)
→4代目(P#系)
→4.5代目(SK系)
→5代目(D:5)

 

 

5代目のデリカは、その名もD:5

 

2005年東京モーターショーにおいて、アウトランダーのプラットホームをベースに作られたコンセプトカー『Concept-D:5』が公開された。(上の画像)

翌年、2006年10月には、正式に車名を「デリカD:5」にすることを決定し、2007年1月31日より発売された。

D:5のネーミングは、その名のとおり、デリカの5代目を意味する。

搭載されるエンジンは、4B12型(2.4L)直4エンジン。トランスミッションは全車CVT(INVECS掘砲鯏觝棔

発売時は4WDのみの設定だったが、5月には2WD車を追加。

外観はスターワゴンを意識して角ばった直線的なボディスタイルとなっている。

室内空間も、初の乗用車専用モデルとして、3ナンバー枠となり、従来モデルの比べて10cm近く広くなっている。

 

発売前の2006年11月には、2007年ダカールラリーにおいて、スタッフと各種機材をビバーク(走行終了後に車両整備をする場所)からビバークへと移動させるためのサポートカーとして、開発中のデリカD:5(ディーファイブ)を使用すると、発表したことからも、デリカD:5に対するメーカーの意気込みを感じる。

(画像は、実際にアフリカの大地を走破してきた車両)

 

基本的にモノコックボディであるが、従来車との相違点は、リブボーンフレームによってボディ強度を飛躍的に向上させている。 

 

 

 

DELICA history(デリカ ヒストリー)

 

    年      表      初代デリカ(T系)  

 

   

2代目デリカ(L系)     4代目デリカ(P#系)

 

 

4.5代目デリカ(SK系)    5代目デリカ(D:5)

  

  

 

デリカのページ

 


 

 

 





ご覧のデリカのページは、kazuhikoさんによって作成、長年ネット公開されていたものです。
2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、閉鎖することになりましたが、大変貴重な資料ですのでインターネット上に残したく、kazuhikoさん承諾のもと、当サイト内に掲載することになったものです。
ページ内には、DIYの作業が多く含まれております。
ご自身で判断のもと、自己責任で作業をお願いします。
/ MORIMORI

遥かなる富士(デリカページ)へ戻る。MORIMORI スペースギアのページへ戻る。