スペースギア (4M40) SASによるアイドリング調整



スペースギア(4M40)のポンプOH後、その調整不足か・・
信号待ち等でアイドリングが500rpm程に落ちてしまっていた。
燃費はすこぶる良いのだがバッテリーの充電(オルタネータの発電量)が心配になり、SAS(スピードアジャスティングスクリュー)でアイドリングを規定値(800rmp)へ調整してみた。

 
エンジンが十分暖まっている時に作業を行う。
火傷等に注意

インタークーラー下、インジェクションポンプ付近に調整用のスクリューがある。

一度 1を緩め2をしめる。
エンジンをかけ、ギアを入れたり、アクセルを吹かしたりを何度か何度か繰り返しながら、800rmpになる様に調整を行う。
最後に本締めを行い、ペイントロックを行う。


(10mmナット、短めのメガネレンチ要)
(8mmボルト、短めのメガネorソケットレンチ要)

押し込む程アイドリングは高めになる。
振動部分につき一定期間後、緩み等無いか、再度確認してください。

lSC(アイドルスピードコントロール)、TPS(スロットルポジションセンサ) ←(4M40エンジンにその名前で存在するかどうかはわかりません)あたりも総合的に調整もしくは修理しないといけないかも知れませんが、一応 自己責任で様子見って事でSAS(スピードアジャスティングスクリュー)の調整作業のみを行ってみました。

その後 何か、気がついた事がありましたら、またここで報告します。


スペースギア SASによるアイドリング調整





Copyright(c). 2003 MORIMORI

MORIMORIスペースギアのページへ戻る
回転 DELICA

デリカD:5関連はデリカD:5BBSデリカD:5Watch

http://www.sgd4.com/sas.htm