スペースギア クランクシャフトプーリー交換 

2012年7月作成 

初期型、PD8W 4M40エンジンスペースギアのクランクシャフトプーリーが寿命、先日交換しました。
21万キロ走りましたので、かなり長持ちした方だと思います。

皆様の何かの参考になればと、交換までの経緯、外したクランクシャフトプーリーの画像などを紹介します。 
初期型(4M40エンジン車)で未交換の方は、いずれ発生する可能性がありますので、何かの参考になれば幸いです。

経緯
思えば、数年前からでしょうか、エアコン使用時、電磁クラッチが入りエアコンコンプレッサーが作動を始めると、カタカタカタという振動と音がエンジンルームから聞こえておりました。 
老体ですし、エアコンのコンプレッサーの寿命だろうと思い、詳しく調べず、あきらめておりましたが、今、思えば、エアコンコンプレサーの負荷により、ベルトで繋がったクランクシャフトプーリーのぶれがさらに増大、音(悲鳴?)を発生していたのでしょう。

今年、5月頃より、信号待ちなどで、エアコンを使わずとも、信号待ち等アイドリング時にインパネの奥の方がビビるなど、エンジンの振動が大きくなって来ているのを感じておりましたが、要因をつかめないままでした。

6月のある日、エンジンをかけると、シャリシャリシャリ・・・・・という錆びた金属が摺れるような、連続音が丁度ベルト類の回転と同期するくらいの周期で聞こえ、エンジンルームをチェックすると、クーリングファンの付いたプーリーの下にあるクランクシャフトプーリー及びそのベルトが前後1cm程ブレ、たわみながら回転しているのがわかりました。
クランクシャフトプーリー付け根付近にはオイルが滲んで付着しているようでした。

翌日、エンジンをかけると、音はしないもののエアコンが全く効かなくなっておりました。

お世話になっている整備工場で、クランクシャフトプーリーとそのオイルシールを手配してもらい、入荷後車を持ち込み、ベルト共に交換を行ってもらいました。交換後はエアコンのコンプレッサーの音も(皆無とは行きませんが)ずいぶん小さくなりました。

エアコンは自分で調査することにしました。

エアコンガスが無くなっていた。 補充後問題なし。

エアコンはガス圧をチェックすると、ほぼゼロ、エアコンガス200ml缶を5本(+モレ箇所を探す為の蛍光付オイル)を補充、冷えるようになりました。
その後もエアコンガスは抜けることも無く、冷えております。

抜けた要因(素人の想像)ですが・・クランクシャフトプーリーが前後にたわみ回転することにより、ベルトで繋がるエアコンのコンプレッサーも同時に振動、振動により、劣化しかけたコンプレッサーの低/高圧配管部のOリング等パッキンなどの隙間から、ガスが抜けていったのかも知れません。
クランクシャフトプーリー交換後は、コンプレッサーもスムーズに回転、振動も殆ど無くなりモレも無くなったものと推測します。
いずれ漏れるかも? (その時はまた追記で結果報告します。)

4M40エンジン(ディーゼル2800cc)前期型の方は一度目視チェックを。

4M40エンジン(ディーゼル2800cc)前期型にお乗りの方は、クランクシャフプーリーのベルトが前後にぶれてないか、エアコンを付け、エンジンルームを開けて、一度チェックしてみた方が良いと思います。
チェックの際は、くれぐれもベルトやファンに巻き込まれないようご注意を

後期型(電子制御になった98型)は、リコールで一度クランクシャフトプーリーは交換になりましたが、全数対象だったかは不明です。 走行距離、経年から、寿命を迎えるかも知れません、一度チェックしてみた方が良いと思います。
スペースギア クランクシャフトプーリー 4M40エンジン
これがクランクシャフトプーリー
スペースギア クランクシャフトプーリー
8mm程度ゴムがはみ出し5mm以上ずれている。
スペースギア クランクシャフトプーリー
スペースギア クランクシャフトプーリー スペースギア クランクシャフトプーリー
スペースギア クランクシャフトプーリー スペースギア クランクシャフトプーリー
スペースギア クランクシャフトプーリー
構造・要因分析の為、分解してみました。
スペースギア クランクシャフトプーリー
最初は同じ幅だったのでしょうかね?
スペースギア クランクシャフトプーリー
こちら側はかなり狭くなっておりました。
スペースギア クランクシャフトプーリー
取り外しSST用周り止めのピッチは8cm
自作できない事もないかも?

リコール(下記リンク参照) となった(98年〜)のクランクシャフトプーリーの説明では、ゴムは接着されているという事でしたが、取り外したクランクシャフトプーリーには接着剤の痕跡は見つけられませんでした
前期型は、単に外側プーリー内周にゴムを挟み、内側プーリーを圧入した構造?

いかんせん ダンパーはのし昆布状態≠ノつき原型の想像がつなかいのでした(笑)

ダンパーのゴムは天然ゴムみたいな感じの質感、ご覧のように、見た目、4割近く細くなっている部分もありました。
目視してみただけですが、幅広部と幅狭部の肉厚も殆ど変わらず、最初の姿は ?です。


関連リンク 
リコールになったクランクシャフトプーリー (98型〜)
リコール届出番号 905
リコール届出日 平成15年1月9日 リコール開始日 平成15年1月10日

オイルシール
私の場合、オイルにじみもありましたが、これは通常クランク
シャフトプーリーとセットで無条件に交換するものらしいです。 


何年ぶりだろう・・ページ作成(^^;) 
老体スペギにつき、修理ネタはいろいろあるのですが・・・。

スペースギア 初期型 クランクシャフトプーリー交換


2012/07/23/ up 

-リンクフリー このページへのリンクはご自由に-


MORIMORI スペースギアのページへ戻る

Copyright(c). 2003-2012
MORIMORI



The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.
http://www.sgd4.com/