デリカスペースギア ラバーフェンダーを自作

今回使用したパーツ
Uの字型ゴム (日曜大工の店 ドイトにてha量り売りの品) 強力両面テープ、シリコンゴムコーキング、瞬間接着剤
使用工具カッターナイフ

尚、この施工により車幅が変りますので注意が必要です。
オーバーフェンダー追加で構造変更した車は殆どが実車より若干広めの記載が車検証にされていると思います。
その幅を2cmまでは超えても法令上問題ありません。




デリカスペースギアフェンダー延長1
  • 使用したゴムは、左の断面図の様なUの字型のゴムです。幅10mm程度のもので結構しっかりしております。私は“ドイト大和店”で購入しました。価格及び長さはは忘れましたが・・それほど高くは無かったはず。
    最初の取付は、黒い0.5mm厚程の強力な両面テープで張り付けましたが(末端部のみ瞬間瞬間接着材を併用)1年程は平気でしたが、やはり両面テープ部が劣化して来て少しめくれてきましたので、結局瞬間接着材を流し込んで固定しました。
    その際、オーバーフェンダーとの接合部上部に隙間が出来ない様、黒い色のシリコン系コーキング(隙間に充填するもの)をさらに塗りました。

    強度的にも、私は全く問題無い範囲と思っております。
デリカスペースギアフェンダー延長2
  • 一応、神奈川県陸事では問題無く構造変更車検受かりましたが、その辺りの基準は曖昧で、検査する所により解釈が異なる場合があると聴いております。一応しっかりしたものですので何ら問題は無いとは思いますが、構造変更車検の際には確認をされた方が宜しいかと思われます。
デリカスペースギアフェンダー延長3




デリカスペースギアフェンダー延長4
  • 黒い充填剤を塗布しております。写真だと見えませんね。
デリカスペースギアフェンダー延長5
  • 末端部はこの様におり曲げて最後の所を瞬間接着材で固定しました。
デリカスペースギアフェンダー延長6
  • スライドドア側は、オーバーフェンダーのヒンジの逃げのえくぼ?の部分でカットしました。
    心配したスライドドア内装部分との干渉ですが、ヒットしてはいますが、内装が柔らかい部分である事、フェンダーがラバーであること、より旨い具合にお互いに逃げてくれて、開閉に支障をきたす様な事はありませんでした。ただ多少は重くなる覚悟は必要です。
    長期間開け閉めするとラバーが黒いゴムのせいか、多少内装ヒット部分に黒い軌跡が着いております。
    当然の事ながら泥道等悪路等を走った後は追加フェンダー端面部分を雑巾等で拭かないと、スライドドア開閉時に内装該当部分に汚れが付いてしまう事をご承知おき下さい。





Copyright(c). 2000 MORIMORI

デリカD:5関連はデリカD:5BBSデリカD:5Watch

MORIMORIスペースギアのページへ戻る
回転 DELICA

http://www.sgd4.com/rbfen.htm