デリカへパーツ取付情報のページ

デリカスペースギアにオーバーフェンダー、1.5インチアップスプリングを取り付けた際の作業風景です。

スペースギアオーバーフェンダー取り付け1

Elford(エルフォード)オーバーフェンダー



  • オーバーフェンダーは エルフォード製です。下から(タイヤハウス側)からタッピングビス止めですので ボディーに密着する様に 一人が押さえつつ固定するのがポイントの様です。ご覧の様に色は ゲルコート黒ですので、カイザーシルバーカラーには 塗装なしでもなんら違和感なく平気です

スペースギアオーバーフェンダー取り付け2

タイヤ&ホイール



  • タイヤは BFの RADIAL ALLTARRAIN 
     225−75−16 
    ホイルは デアフィールドDP
     7Jー16 オフセットー13 です。
    前は、エルフォードトーションバー&絞り調整であげていますが、このサイズのタイヤ履くと ハンドルめいっぱい切ると若干フェンダー内側に干渉します。カッターで削りを入れれば干渉しなくなります。(現在は 245-70-16に交換しています)



スペースギアスプリング取り付け1  
スペースギアスプリング取り付け2

Elford(エルフォード) 1.5インチUPコイル


  • 後部コイルは エルフォードの1.5インチUPコイル
    ご覧の様に このコイルは 純正と巻き数等ほぼ見た目同じです、なのに 1.5インチUPする訳です。  若干固めになりますが、荷物積載時の車高DOWN、ロールも押さえられます。延びもまあまあ、ほぼ8万K程乗ってますが、経たり等も、あまり無い様です。
スペースギアスプリング取り付け3
  • さすがにこれは自分でやりたくは無い作業です。
    バネレートが高いため、すんなり純正コイルの様にはセット出来ず、ジャッキ2機を駆使してのマウント作業でした。スプリングコンプレッサーあれば大丈夫なのかなぁ?
  • photo by 百十番
    そうそう この写真を撮影したショップはもう無くなってしまった様です。
    とても感じの良いとこだっただけに残念です。
参考迄 PD8W 純正バネDATA 線径14mm/径 140mm/自由長 391mm/バネ定数  3.01〜4.93kg f/mm





Elford(エルフォード)トーションバー


スペースギアトーションバー1
上が エルフォード製、下が純正のものです、灰色の様な銀色塗装、太さも若干太くなってます。
車高を絞って上げる場合、トーションバーアンカーの強度を増す為、2mm〜3mm厚の鉄板を
アンカー先端部分に溶接
するよう取付説明書に記載されております。
そのままだとここの部分が開いて来て強度的に持たないみたいです。
スペースギアトーションバー2スペースギアトーションバー3スペースギアトーションバー4

取付はショップで1.5時間くらいだったと思います。どうも左側の方が外しずらい様です、 装着する際にも左側は結構苦労してました。溶接等もありますし自分で装着するのは ちょっと厳しい部品かもしれません。  






Copyright(c). 2000 MORIMORI
MORIMORIスペースギアのページへ戻る
回転 DELICA

デリカD:5関連はデリカD:5BBSデリカD:5Watch

http://www.sgd4.com/option.htm