Questionnaire result

 2004/12/18更新
Date: 14 Nov 2003 14:46:00 +0900

[ハンドル名] KEN
[お住い] 神奈川県
[車種] パジェロ
[初年度登録年] 平成6年
[初年度登録月] 10月
[車のグレード仕様等] エクシード
[現在の走行距離] 103000
[購入販社] 静岡県
[故障発生年] 平成15年
[故障発生月] 4月
[故障時走行距離] 95000

[故障時の状況]

エンジン始動して、だめな時はアイドリングも安定しない。アクセルを踏んで走り出すが、踏んでも回転は上がらず、回転は落ちようとする。その末止まる。エンジンをかけて、アイドリングが安定しているときでも、交差点などで、速度を落としだしてブレーキを踏み回転数が落ちてきて、そのまま0(エンジン停止)になる。走り出して、30分ほどエンジンが止まらなければ、その後も順調に走る。
エンストのあとのエンジンはかかりが悪い。エンジンをかけなおしたあと、黒鉛がすごい。続けて止まることも何度かある。しばらく乗っていないと症状が出やすい。しかし、前日走っていたにもかかわらず、次の日にはエンストすることもあり。

[見積年] 平成15年
[見積月] 10
[見積価格] 200000
[見積依頼販社等] 神奈川県ネッツトヨタ
[ポンプ修理内要] オーバーホール

[見積済の方のメッセージ]

ネッツトヨタの中古車で購入したため、修理についてもネッツトヨタを利用している。サービス、対応は申し分ない。今回のエンストについてはトヨタでは原因がわからず、三菱に相談したとのことであった。原因としては混合気にエンジンオイルが混じるためとのことである。実際、混合気を採取した軽油を見せてもらったが、エンジンオイルのために黒くにごっていた。
修理には20万ほどかかるとのことであったが、それほどかかるのでは治す気にもなれず、詳細は出してもらっていない。
トヨタのサービスマンの応対はとても丁寧で気持ちがよい。


[その他メッセージ]

三菱の車であるが、ネッツトヨタの中古車で購入した。トヨタで購入してよかったと思っている。購入していくらか気になる点が出たが、すべて無償で修理してくれた。また対応もよい。
ブレーキパッドの交換をしようと思ったが、引越して付き合いのあったネッツトヨタから遠くなり、また購入から1年以上が過ぎていたため、、近くの三菱に行った。すると店員は出てこないどころか、話し掛けにもこない。内容をつげると、いくらかかるがするのか、今は込んでていつになる、あらかじめ連絡を入れてから来てほしいとのことであった。対応の悪さにいやになり、他の三菱へ行こうと思ったが、近くのネッツトヨタに行った。着くやいなや店員が来て、話を聞いてくれ、部品は取り寄せになるが、預かって修理してくれるとのことだったので、そのままお願いした。代金も三菱と変わらない。ネッツトヨタは対応よく、説明も丁寧で非常に気持ちがよい。
それからも修理などは三菱に行かず、ネッツトヨタへ行っている。

-----------------------------------------------2004/04/19 追記------

[現在の走行距離] 118000
[故障発生年] 2003-平成15年
[故障発生月] 4月
[故障時走行距離] 80000

[故障時の状況]

前にもエンストの状況を報告させていただきましたが、さらに進展(悪化?)がありましたので、報告させていただきます。
昨年4月ごろから、調子が悪くなりました。症状としては、エンジン始動後、信号や、カーブなどでアクセルをゆるめたり、ブレーキを踏んだりすると、回転数が落ちていき、そのまま0まで落ちてエンストしてしまう。再びエンジンをかけたときには白煙がすごい。何度か止まることがあるが、30分以上走れば、止まることはない。簡単に話すと以上のような状況でした。

ただし、この冬に症状は悪化し、走行中に止まるのはもちろん、停車中の時でも回転数を上げて、3000回転くらいでキープし、アクセルを戻すとそのまま回転数が落ちていき、止まってしまうような状況になりました。通常のアイドリングでは安定しています。
そのためアイドリングに近い、アクセルをほとんど踏まない走行も問題ありませんが、アクセルを踏み走行すると、アクセルを戻すときにエンジンが不安定になり、回転が落ち止まってしまいます。

このような状況のまま、1年ほど乗ってきましたが、エンストの状況に加え、ターボの吹き上がりが悪くなり、ついにオイル漏れとなってしまいました。状況としてはアクセルを踏んでもターボがかからないような感じです。平坦な道や、下りではいいのですが、上りでは40キロ以上は出ないです。エンジンルームを開けてみると、オイルが噴水状態になったような感じてエンジンルームが真っ黒になります。もちろんエンジンオイルは減っており、週末ごとにオイルを注ぎ足すようなありさまです。
また、長距離走行した場合、ボンネットの隙間からオイルが吹き出るらしく、ボディまで黒くなります。

また、エンストのほうもそれにともないひどくなり、今までは30分走ればそれ以上で止まるようなことはなかったのですが、いくら走行しても、エンストが発生することもあるような状況になってしまいました。
また、高速でもエンストが起き、怖い目にもあいました。

これ以上、乗りつづけることは危険もあり不可能なので、近所のディーラーの○○○三菱に持ち込み、見積もりをお願いいたしました。
その際に、ここで書かれている燃料噴射ポンプの発生状況、頻度などの話もしましたが、そのディーラーではそういう状況は知らないとのことでした。
また、修理費用について、保障期間が切れた車で、メーカーが費用を負担するということは聞いたことがないが、お得意様であればディーラーが負担することを行うようなことはあるそうです。

見積もり結果は約16万で燃料噴射ポンプをリビルド品で修理。
ターボについてはターボチャージャの軸がガタにより、潤滑オイルもれ、インタークーラー配管部にオイル吹き返しがあり、約17万で修理とのことでした。
トータル33万円です。平成6年式で走行12万キロ、来年にはディーゼル規制で乗れなくなるため、くやしながらも買い換えを考えました。

ただ、このホームページでのこともあったため、メーカーお客様相談室に連絡し、今回の修理内容については、同じ故障が頻発に起こっていることから構造的な問題で、メーカーが責任を負うべきではないのかと言う意見をぶつけました。

私が掲げる問題点は
・燃料噴射ポンプの修理については、ここの情報で得た発生頻度、状況などからして構造的な問題であるのではないかということ。
・この不具合は危険度が高く、人命にもかかわる問題で早急な対応が必要であること。
・同じような修理について、メーカーが費用を負担するようなこともあり価格差が生じている。これはメーカーがその不具合について否を認めているのではないか。

ということです。

メーカーからの回答は年式、走行距離から保証対象外であり、また燃料噴射ポンプについて故障が多発している状況は知らないということから、対応できないとのことでした。
私としては、燃料噴射ポンプの修理について、メーカーで対応してもらったという話をここで得ていたため、それについても納得がいかず、どういう判断をしているのかという面でも相談いたしました。

メーカーはひたすら保証対象外ということを言ってきました。5年、10万キロが保証であり、それを超えたものについては有償でしか対応できないということでした。この保証内容であることに間違いないと、メーカーは言っていました。
確かに私の車は平成6年式で、距離も12万キロで、保証対象外です。しかし、ここでの内容を見てわかるとおり、年式が新しい車や距離が短い車であっても同じような症状は起きています。幸か不幸か、私の車はここまで問題なくきただけであって、保障期間内にこの問題が起きたか、保証対象外になって起きるかの違いでしかないと思います。同じような問題を抱えて走行していて、発生が遅かったから、対応しませんはおかしいのではないでしょうか?

結果、メーカーから、ディーラに連絡を取り、修理内容を把握した上で、メーカーとして判断し、ディーラーから連絡することのことでした。またその際に、私からの要望として、保証対象外の車について費用を負担しているケースがあるのか、ないのか確認していただき、それがある場合にはどの部分について、どういう状況でかという情報をディーラーに伝えるように願いました。それがなければ、ディーラーはそのような事実を知らないため、どういう状況であればメーカーが負担するのか、ディーラーにおいて判断ができないと考えたからです。

ディーラからの回答としては当初の見積もりであれば修理することができる、ということだけでした。
これまでの経緯や、メーカの対応などについて知らないようでした。

確認事項として、実際に私の車を点検したディーラーからメーカーに修理の詳細についての情報が伝えられているのか確認しましたが、詳しい内容は伝えてはいないとのことでした。連絡している内容としては、1、2行程度のメモと費用だけとのことでした。
これでメーカーは他のケースと比較できるのでしょうか?私の車について修理内容を把握できるのでしょうか?

ディーラーでの話を受け、メーカーお客様相談室で伝えた内容がまったくディーラーに伝わっていないことを理解したため、再びメーカーお客様相談室へ、そして私の車の修理についてくわしい情報を得た上で判断していただきたいとの旨を伝えました。
ディーラーである○○○三菱の責任者、またメーカー技術部門と相談、協議した上で回答をディーラよりするとのことでした。
それには時間がかかるため、返答まで待っていただきたいとのことでした。

その後、2週間ほど連絡がなく、さすがに回答が遅いと思い、再びメーカーお客様相談室へ連絡しました。
すると、メーカーお客様相談室の担当者の部署が変わったとのことでした。
最後まで責任を持って担当すると言っていたのに・・・何の連絡もなく去ってしまうとは・・・。
ということで、引継ぎの担当者となりました。話の概要についてはメーカー側の記録からわかっていただけましたが、詳細やこれまでの経緯などについては再び説明することとなりました。
現在の状況を調査するため、再び待って欲しいとのことでした。

2日後、ディーラーから連絡があり、燃料噴射ポンプの交換は無償で行うとの連絡を受けました。
ただ燃料フィルターについては消耗品であるので自己負担ということです。
くわしいことについてはディーラー担当者はわからないとのことでした。
ただ単に無償で行うとの連絡が来ただけということです。
ただし、ターボからのオイル漏れについては何も聞いていないとのことでした。

燃料噴射ポンプの修理について、無償という結果となりました。
私としてはこの内容で納得がいくので、燃料フィルター、ターボのオイル漏れについては自己負担し、すべての修理を行い。パジェロに気持ちよく乗ろうと思いました。

ただ、ディーラーに連絡がなかった、ターボの修理についてどういう判断をしたのか気になったので、確認の意味でメーカーお客様相談室に連絡すると、そのような記録はないのでわからないとのことでした。なぜ記録がないのでしょうか?私はエンストについては我慢して乗っていたのですが、オイルが噴き出すような事態になり、どうしようもなく相談しました。その旨も最初にメーカーお客様相談室に連絡した時点で伝えております。
また、私はディーラーからターボのオイル漏れについての見積もりも受け取っており、その見積もり内容についてもディーラーから、メーカーに伝わっているはずです。それなのに記録がない、わからない、そんな対応があるでしょうか。
かなりの口調で突っぱねられました。

検討の上での有償修理ということであれば、それで納得するはずでしたが、なんの検討もないまま、ましてや記録がないというふざけた話をされてはたまりません。
これでは、私としても納得できないので、再び相談するつもりです。

また進展がありましたら、報告させていただきます。
とりあえず燃料噴射ポンプの修理については無償で行うということになりましたので報告させていただきます。

-----------------------------------------------2004/12/18 追記------

Date: 16 Dec 2004 15:30:21 +0900

[現在の走行距離] 133000
[故障発生月] 1月

[修理入庫年] 2004-平成16年
[修理入庫月] 5月
[修理時の走行距離] 110000
[修理内容] 燃料噴射ポンプの交換
[ポンプ修理内要] リビルド
[修理費用] 無償

[修理明細]

燃料フィルタだけは故障に関係ないため交換しなくてもいいものだが、経年劣化などもあるためいっしょに変えたほうがいいと言われました。それだけ有償(4000円)です。

[修理後の状態]

御無沙汰しておりました。調子がよくなったためにこちらのページを見なくなっておりました。
その後の様子について報告させていただきたいと思います。

今年の5月に燃料噴射ポンプのほうを無償にて修理してから、エンジンのほうはなんの問題もなく順調です。寒くなってきましたが、何の問題もなく、始動しますし、エンストを起こすようなこともありません。
当たり前のことなのですが、エンストパジェロに乗り続けてきた私にとってはとてもうれしく、気持ちよくクルマに乗れると思っています。
私のパジェロのもうひとつの問題であったターボからのオイルの噴出しについても解消しました。
ターボからのオイルの噴出しはインタークーラーのパイプをつなぐゴムに亀裂が入っていたために、ターボで力がかからない、オイルが噴出すといった問題が生じていました。
これは自分の発見し、自分で修理しました。そのため修理費用も2000円程度でした。
三菱から修理の見積もりの内容として説明されたように、インタークーラのパイプにオイルが混入しているのは問題でしたが、それによるターボの故障ではないことは、現在問題もなく、調子よく乗っていることが証明しています。
三菱の見積もりでは17万ほどかかると言っていたため、どれだけ状況を把握せずに見積もりを出していたかがわかります。
もし、そのまま修理に出していたらと思うとゾッとします。17万出して直ったとしても、それと同じだけの修理が2000円ほどでできてしまうのですから・・・。

現在、大きな問題はありませんが、小さな問題はいくつかあります。
リアウィンドウが開きません。
ただし、たまに起こり、そのまま放置して、しばらくぶりにやってみると問題なく動いたりします。
それから、ブレーキが固着しており、常にパッドが減っていきます。
ブレーキパッドを交換して、1万キロで交換しなければなりません。
修理には10万ほどかかるとのことなので、それならばあと数万キロをパッドの交換で乗り切ろうと思っています。
ブレーキパッドの固着は前に前輪で発生し、オーバーホールを行いました。
現在発生しているのは後輪です。
つまり前も後ろもブレーキの固着が生じました。これは私のクルマだけでしょうか?

来年にはディーゼル規制のために買い換えます。
だから、もう直す気はありません。
車を買い換えるときは今まで乗っていた車を手放すのが惜しく、さみしい気持ちがしますが、今回は早く買い換えたい気持ちでいっぱいです。パジェロに未練はありません。
もう二度と三菱のクルマは買わないでしょう。



TOP
アンケート用紙
ノート表紙
 
 → 次ページ
 
84KEN






MORIMORI デリカスペースギアのページ