Questionnaire result

スペースギア.パジェロ チャレンジャー 
 4M40エンジンの燃料噴射ポンプ不具合アンケート

F Date: 20 Dec 2004 15:33:52 +0900 (12/29原文差し替え)

[ハンドル名] mavrik
[お住い] 広島
[車種] パジェロ
[初年度登録年] 1995-平成7年
[初年度登録月] 3月
[車のグレード仕様等]
[車体番号] YV26WG-********
[現在の走行距離] 81,000
[故障発生年] 2003-平成15年
[故障発生月] 3月
[故障時走行距離] 70,000

[故障時の状況]
私のパジェロ(4M40)も、寒冷時のエンストで3年前より悩まされています。
グロープラグ、グロープラグへの端子(プレート等)、燃料フィルター、水温計と全て手を尽くした上で、今月ディーラーへ持ち込みました。

一発目の始動は問題なし、数分でエンスト、再始動は困難(アクセルを踏み込んで、セルを計数十秒まわして、煙モウモウで何とか始動)と症状を伝え、預けま
した。
この時点で、噴射ポンプからの空気吸入を確信していましたので、このサイトの要所を印刷し、ディーラーには十分に説明したつもりでした。

4日後に戻ってきたのですが、結果は原因不明ということでした。
また、燃料タンクへのオイル混入はありませんでした。
口頭説明で、噴射ポンプの修理は15万円位との説明がありました。

エンジン自体は、えらく調子が良くなって戻ってきましたので、点検の効果はあったようです。
しかし、エンスト症状自体は、改善しておりませんでした。
その後、5回中3回エンストしました。(気温7度、4度、7度) はぁ〜(ため息)
自宅近くの踏切が、怖くて仕方がありません。また、このままではセルも壊れそうです。

8日後、5回中3回エンストしたことを伝えると、無償修理をして頂けることになりました。
リビルド等への交換や、オーバーホールではなく、シール交換です。

このサイトで、morimoriさんや皆様が先鞭を付けてくださったことが
無償修理となった理由だと思います。ありがとうございました。

これまで、三菱ディーラーとはつき合いがありませんでしたが、
点検過程で大変調子が良くなったことと、潔く修理していただけることで
今後は、おつきあいを始めたいと思っています。

作業内容及び部品名称
ポンプ脱着シール/Oリング交換修理
GEAR,INJECT ME191640 1
シールキット 1466011220 1
Oリング、マニホルト MF520601 1
Oリング、Vポンプ ME201133 1
Oリング、Vポンプ ME201138 1
ガスケットCヘッド MF660063 4
Oリング、パワステ MF520407 1



TOP
アンケート用紙
ノート表紙
 
 → 次ページ
 
227 mavrik
パジェロ スペースギア チャレンジャー 燃料噴射ポンプアンケートUP:2004.1222-1229   

4M40燃料噴射ポンプアンケート結果 スペースギアパジェロ チャレンジャー






MORIMORI デリカスペースギアのページ