Questionnaire result

スペースギア.パジェロ 4M40エンジンの燃料噴射ポンプ不具合アンケート

Date: 12 Aug 2004 23:04:23 +0900

[ハンドル名] 匿名
[お住い] 沖縄県
[車種] スペースギア
[初年度登録年] 1994-平成6年
[初年度登録月] 7月
[車のグレード仕様等] スーパーエクシード
[車体番号] PE8W-*******
[現在の走行距離] 95939

[故障発生年] 2004-平成16年
[故障発生月] 8月
[故障時走行距離] 95900

[故障時の状況]

リコールの通知が届き先週 対策部品に交換してもらいました。
対策部品交換して3日後の朝、エンジンスタートし約5分後(約2Km走行後)、突然交差点にてエンジン停止し約1分後、セル5,6分回して再始動しその後は症状は出ず。
帰宅時のエンジンスタートは正常であったが約100m程走行後、突然エンジン停止し約1分後、セル5,6分回して再始動したがエンジン回転が1分程不安定であった。
安定した後、約50m程走行後、再度エンジン停止。
先日行った作業が怪しいと思い三菱へリコール作業後の再点検をしてもらった所、今回の作業は問題なしとの説明を受けエンジン停止不具合状況からみて燃料ポンプ自体の不良が考えられ修理は有償で10万円以上かかると説明された。
納得できずより詳しい説明を受けたところ4M40のエンジンは約10万キロになると燃料ポンプのシールが磨耗しそこからエアーが燃料系統に入り込みエンジン停止するとのこと。
同一型式のエンジンがほぼ同時期に同じ不具合が発生するのがわかっているのであれば本社から何らかの対策について連絡は無いのですかの問いに何もないの返事???
暖気運転後、走行すれば不具合は出ないとの説明を受けたため修理はせず様子を見る事にした。
その後、このHPにたどり着き同不具合状況の報告の多さに驚きました。
同型式に乗られている友人、同僚に確認したところパジェロ 2台、デリカ2台全て同不具合で燃料ポンプを修理したと聞いて更に驚きました。

[見積年] 2004-平成16年
[見積月] 8
[見積もり] 有償
[見積価格] 10万以上
[ポンプ修理内要] オーバーホール
[見積済の方のメッセージ]

通勤時間帯の交差点で迷惑をかけ非常に嫌な思いをしたので様子を見ながら使用し冬までには修理に出したい

[その他メッセージ]

国土交通省自動車交通局審査課リコール対策室のHPで同一型式で同様の不具合が多発している等の傾向が見られた場合には、これらのメーカー等に対して、その不具合原因の究明を指示し、その結果の報告を求める等により、これがリコールに該当するか否かの判断を行うと記載されていますが燃料ポンプの不具合に関しても調査されているのでしょうか?



TOP
アンケート用紙
ノート表紙
 
 → 次ページ
 
179匿名
パジェロ スペースギア 燃料噴射ポンプアンケート UP:2004.0901   

4M40燃料噴射ポンプアンケート結果 スペースギアパジェロ






MORIMORI デリカスペースギアのページ