Questionnaire result


Date: 15 Feb 2004 00:03:21 +0900

[ハンドル名] メカ音痴
[お住い] 千葉県
[車種] パジェロ
[初年度登録年] 1995-平成7年
[初年度登録月] 4月
[車のグレード仕様等] ミッドルーフワイドXR リミテッドエディション
[車体番号] V46−*******
[現在の走行距離] 146000
[故障発生年] 2002-平成14年
[故障発生月] 12月
[故障時走行距離] 125000

[故障時の状況]

平成14年11月初旬に国道を走行中に突然タイミングチェーンが切れて走行不能。
12月中旬にディーラーにてエンジンを載せかえる(再生エンジンで35万円。使える部品は使ったとのこと)。修理後数日で自宅から数百メートルの交差点でエンストする。
再始動に1〜2分ほどかかった。危険だし非常に恥ずかしい思いをした。
また数日後には燃料が漏れているのがわかる。
直にディーラーに出すが燃料漏れの修理と燃料フィルター?の清掃程度で戻される。
原因わからず。代車はないとのこと。(毎日、早朝へき地まで行かなければならない者にとって代車がないと長期間預けられない。) 
また数日後の雪の日に車庫からバックで出したところでエンストする。道路を塞ぐ。今度はエンジンもかからずセルも回らなくなる。またまた危険な目にあう。バッテリーを換える。

翌年の1月に入り早朝エンジンは一発でかかるがアクセルを踏むと異常なほどの黒煙を出して止まることがあった。
再始動にはセルをかなり回さないとかからなかった。エンジンが暖まれば安定して走っていた。ところが、1月14日の会社帰りの道であちこちの警告ランプが点灯する。直にディーラーに持ち込む(この時も代車なし)。オルタネーター修理等(3万6千円)で1月18日に戻される。安くしといたそうです。その後も早朝、自宅近くの交差点でエンストすること1回含め上記の症状数回あり。
ディーラーに話をするも代車がないとのことだった。そんなこんなで3月を過ぎるころからエンストするような事はなくなった。

ところが昨年末から今年になって昨冬と同様な症状が出てきた。怒りも頂点に達し1月末に本社の課長に会い、こんな危険な状態の車なのに代車も出せないのかとクレームを言う。
2月1日にやっと初めて代車を出す。
1週間後にやっと燃料噴射ポンプの故障だと連絡入る。もちろん有償とのこと。 怒り爆発!!

煙の状態は黒煙で、エンストする時は大体黒煙が多量に出て2000回転ぐらいで維持できない。
だいたい寒い早朝に起こり、車を使わない翌日には必ずって言っていいほど起こる。燃料の量は関係ないようです。エンジンがかかった後は15分程度の走行で安定します。

[見積年] 2004-平成16年
[見積月] 2
[見積もり] 有償
[見積価格] 143,409  
[見積依頼販社等] 千葉県 千葉三菱コルト自動車株式会社
[ポンプ修理内要] オーバーホール
[見積済の方のメッセージ] 修理に出す予定なし。
一応リビルド品でも見積もりを取りましたが135,975円だそうです。


 -これ以降も文はありましたが、アンケート回答者の意向でWeb非公開とさせていただきました。-


 

TOP
アンケート用紙
ノート表紙
 
 → 次ページ
 
129 メカ音痴

パジェロ・スペースギア 4M40燃料噴射ポンプアンケート結果






MORIMORI デリカスペースギアのページ