Questionnaire result


Date: 21 Jan 2004 19:41:11 +0900

[ハンドル名] 光進丸
[お住い] 大阪府
[車種] パジェロ
[初年度登録年] 平成7年
[初年度登録月] 12月
[車のグレード仕様等] 2800ターボロング
[車体番号] V46-*******
[現在の走行距離] 63000
[故障発生年] 平成14年
[故障発生月] 12月
[故障時走行距離] 54000

[故障時の状況]

冷え込んだ朝、普通に始動し走りだして約1.5km走った高速道路入り口付近にて激しい振動と黒煙をともないエンスト。
当然ハンドルが重くなった状態で路肩に幅寄せ、難をのがれた。2〜3回再始動を試み、始動後回転が安定するとあとは何事もなかったように快調に走る。
4月から11月は気温があがると問題なし、15年12月最低気温が6度を下回るようになると再びエンストが発生。
最初は普通に始動し約40秒あたりで振動をともないエンスト、再始動は困難であった。バッテリーあがりが気になるが寒冷地仕様で2個搭載のため今のところ大丈夫。
燃料の量には関係ないようだ。
対策としてアクセルを踏まず始動し、エンストの後は焦らず約1分以上キーを切って待ち、長めにセルをまわし再始動すると白煙も少ないようだ。いずれもアクセルには安定するまで触らない。
今2回ほどそのように始動をしているが定かではない。試してみて下さい

[見積年] 平成15年
[見積月] 12
[見積もり] 有償
[見積価格] 150、000〜170、000(消費税込)
[ポンプ修理内要] 不明

[見積済の方のメッセージ]

オイル交換点検、冷却水補給、フィルター清掃等ユーザー側がするべき点検を怠り、それに起因する障害ならば、有償で修理することも異議ないが、噴射ポンプの障害はその責任の範囲をこえている。経年変化にしては早すぎるし、耐久性および信頼性が疑われる。当然ディーラーの責任で修理して欲しい。
有償で修理するぐらいならと他社への乗換も考えてみたが、現在乗りたい車が見当たらない。車検までに考えます。

[修理入庫年] 平成15年
[修理入庫月] 1月
[修理時の走行距離] 55000
[修理依頼販社] ***都道府県名と販社の名前を入れる***

エンジンが一旦暖まると症状が再現できず、ディーラーに口頭で説明するしかなかった。
その時はグロープラグの交換を言われたが修理をためらった。(原因が特定できない上に、効果が確認できないので)
噴射ポンプの交換は今年の入庫で言われた。

[その他メッセージ]

噴射ポンプとは何かと検索したところ、このページに出会い 同じ悩みの仲間がこれほどいることに驚いている。早速、このぺージの存在ををディーラーに示し、クレームとして本社へ交渉してくれるよう相談しています。国土交通省が動くまえになんとか対策をしてほしいものです。




TOP
アンケート用紙
ノート表紙
 
 → 次ページ
 
116 光進丸

パジェロ・スペースギア 4M40燃料噴射ポンプアンケート結果






MORIMORI デリカスペースギアのページ